伊丹市のPR動画

伊丹市って色々と面白いことを昔からやったりするんですが、2017年1月には伊丹市のプロモーション動画が発表されたんですよ。伊丹市では初めての試みのようです。

【伊丹市PR動画】もしも伊丹さんと結婚したら

まぁ伊丹市に住んでいる自分が言うのもちょっと寂しい気もするんですが、正直に言ってやっぱり伊丹市ってかなり地味ですよね(笑)

同じ兵庫県でもお洒落なイメージの神戸に比べると、かなりダサい感じがしますし(笑)、お隣には色んな意味で全国的な知名度抜群な大阪があるわけで、普通に考えてわざわざ伊丹市に住もうなんて思う人はあんまりいないと思うんですよ。

行政のほうでもそのような現実に危機感を抱いたのか(笑)、このような伊丹市のプロモーション動画が作成されたんでしょうね。

このプロモーション動画のコンセプトとしては、「訪れたい」「住みたい」「住み続けたい」と市内外の方に思ってもらえるように、といったことのようです。

お見合いシーンから始まるこの動画は、伊丹市を擬人化した伊丹さんとのお見合いに、最初は全く乗り気ではなかった女性が、会話をしていくうちに伊丹さんの魅力を感じ、「もしも伊丹さんと結婚したら・・・」と結婚生活を妄想するという内容なんです。

僕もプロモーション動画を観てみたんですが、伊丹市らしく洗練されてなく垢抜けない感じが、らしいなぁと思いましたね(笑)

でも、伊丹市の本質みたいなものは、しっかりと捉えられているように感じました。

この伊丹さんという男性の印象って、まさに多くの人が伊丹市に抱く印象だと思うんですよ(笑)

第一印象は全く魅力がなくて、洗練されておらず、誰にも興味を持ってもらえないという感じ。でも色々と話を聞いてみると、意外にも良いものを持ってるんだなぁと少しずつ魅力に気が付いていくという感じですね。

ただ、魅力に気が付いてもらうまでは、本当に想像を絶するような時間が必要になるとは思うわけですが(笑)

だって伊丹に長く住んでる僕だって、伊丹市の魅力に気がつくのに何十年もかかりましたからね。昔は伊丹が嫌で嫌でしょうがなかったんです(笑)

まぁそんな個人的なことはともかく、このプロモーション動画は面白かったです。

このプロモーション動画をきっかけに、少しでも多くの人に伊丹市の事を知ってもらいたいですね。

このサイトでも紹介してきた、昆陽池公園、伊丹市昆虫館、伊丹市立こども文化科学館などもこのプロモーション動画で紹介されていました。

また、このプロモーション動画の音楽は、Jazztronik[ジャズトロニック](野崎良太)が担当したということみたいです。

僕は知らなかったんですが、「世界的に支持されているアーティストJazztronik[ジャズトロニック](野崎良太)が音楽を担当」と紹介されていました。

「この動画のために書き下ろした自身としては初の試みとなる、90年代テイストの楽曲を制作。ついつい歌を口ずさんでしまうキャッチーな楽曲の話題になること間違いなし。」ということのようです。

まぁ、そんな感じで、こんなゆるい感じの伊丹市を、是非とも注目してみてください!

 

 

 

 

 

 

【広告欄】
出会い系サイトでセックスを楽しむ人に向けた情報。
出会い系サイトは弱小サイトを使ってもセックスできるのか!?
出会い系でセックスをお気軽に楽しむというライフスタイルが色んな年代に広がっているようです。
そこまで濃密な関係を築くことに興味がなく、ある意味でインスタントな関係性を多くの人が望んでいるということかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です