個性的な美術館「伊丹市立美術館」

itamibijutukan

伊丹市には、そこまで有名ではないんですが、個性的でアットホームな雰囲気の美術館「伊丹市立美術館」があります。

近隣の大阪、神戸、京都には大きくて有名な美術館が色々とあるので、それらの美術館がある中で「伊丹市立美術館」の存在意義を明確にするためにも、以前から個性ある運営方針が貫かれているようです。

蒐集活動の一番のコンセプトは、「諷刺とユーモア」ということのようです。

伊丹市立美術館に保管されている作品の大きな柱は、19世紀フランス美術を代表する作家の一人である「オノレ・ドーミエ」の作品のようです。

オノレ・ドーミエの作品だけで、2,000点をこえる諷刺版画、49点の彫刻、4点の油絵などのコレクションを誇っているようです。これは世界的に見てもかなりの規模のようですね。

このオノレ・ドーミエの作品を中心として、18世紀イギリスから現代までにいたる国内外の「近代諷刺画」を主に蒐集していて、アーカイヴを含めると約9,000点の作品規模を誇っているようです。

とても個性的で魅力的な美術館なので、是非とも多くの人に足を運んでみてもらいたいですね。

伊丹市立美術館に関する基本情報

◆伊丹市立美術館ホームページ
http://artmuseum-itami.jp/

◆交通アクセス
http://artmuseum-itami.jp/jp/category/access/

◆開館時間

午前10時~午後6時(入館は午後5時30分までのようです)

◆休館日

・月曜日(祝日にあたるときその翌日)
・年末年始(12月29日~1月3日)
・その他臨時休演日(展示入替期間等)

◆観覧料

・一般    :200円
・大学、高校生:150円
・小、中学生 :100円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です