有岡城跡史跡公園

有岡城跡史跡公園というのが、JR伊丹駅の目の前にあるんです。

その歴史や概要についてここでは説明していきたいと思います。

伊丹氏が、南北朝時代から戦国時代にかけて「伊丹城」を築いていたところが、今の有岡城跡と言われています。

そして織田信長の武将であった荒木村重が、天正2年(1574年)に伊丹氏にかわって伊丹城に入城したと伝えられています。

その時に城の名称を「有岡城」と変えて、大規模な改造が行われていたようです。

有岡城は、通常のお城とは少し違っていて、城の「主郭部」、家臣たちの住む「侍町」、一般町人が住む「町屋地区」という3か所に分かれているのです。

お城部分だけではなく、その「侍町」「町屋地区」も含めて、全てを含んで城としての価値が認められたので、昭和54年に「国の史跡」に指定されたのです。

そして天正6年、織田信長の武将であった村重が織田信長に反旗をひるがえすことになるのです。

信長の怒りを買った村重は、有岡城を完全に包囲され、大規模な攻撃を受ける事になります。それでもしばらくは持ちこたえたのですが、10ヵ月におよぶ篭城の末に村重は尼崎城に逃れて、主を失った有岡城は焼き払われて陥落することになったのです。

そして2年後の天正8年、信長の家臣である池田信輝の嫡子之助が入城するのですが、その2年後の天正11年には美濃へすぐに移ってしまうのです。

伊丹は秀吉の直轄領となったようなのですが、それから大名は置かれずに、この立派な有岡城が放置され続けるということになったのです。

有岡城はそのような状況になったわけですが、焼け残った町屋地区を中心として伊丹の町は「伊丹郷町」として酒造りで発展していきます。

そのような歴史を辿ってきた有岡城なんですが、昭和50年に国鉄伊丹駅前の整備事業が始めると同時に発掘調査が始まりました。

その調査の結果、北部・金光教跡から「本丸跡の石垣」「建物跡」、駅西側・荒村寺跡から」庭園遺構」などが発見されるわけです。

当初の想像以上に遺構が状態よく残されていることが分かりました。

その結果を受けて、駅前再開発計画が再検討されることになったのです。

有岡城跡、伊丹郷町遺跡の発掘調査はそれからも継続して続けられ、発掘次数は今では300次を超えているのです。

そいsて有岡城跡主郭部の史跡公園整備は、昭和58年から始められることになり、平成5年に完成しました。

「土塁の石垣」「建物」「井戸」「堀跡」などが復元されることになって、「市民の歴史学習」「憩いの広場」として愛される場所になっているわけです。

伊丹スカイパーク

伊丹スカイパークは、伊丹空港に隣接した公園です。

伊丹空港の滑走路のすぐ横に隣接しているので、飛行機がまさに間近で見れるんですよね。長さ1.2キロメートル、幅80メートルという細長い形をした公園です。

滑走路のすぐ横には、高さ7メートルの丘がずっと連なっていて、丘の上からは迫力ある航空機の離着陸を間近で楽しむ事ができるんですよ。

伊丹スカイパークは、2006年の7月に一部がオープンし、そして2年後の2008年7月にグランドオープンとなりました。

伊丹スカイパークが作られた目的というのは、あまり知られていないようですが、一つには「航空機騒音の軽減」ということのようです。そしてもう一つが「周辺地域の生活環境の改善」ということみたいですね。国と兵庫県、伊丹市の3者共同という形で整備が進められてきました。

迫力満点の飛行機を間近で見る事が出来て、夜には夜景も楽しむ事ができるということで、家族連れからカップルまで幅広い層が楽しめるという点でも、そのような目的は達成していると言えそうですね。

今では伊丹市が誇る人気スポットになっています。

昼間は家族連れが多いですし、子供達が間近に見られる迫力満点の飛行機にかなり興奮して喜んでいる様子が見られます。

そして夜になると、夕暮れのライトアップされた飛行機がロマンチックな雰囲気を醸し出してくれて、カップルが多く楽しんでいます。

中央エントランスの夜の噴水や星空の丘のスターライトパス(星空の小道)の夜景も凄く綺麗なんですよね。カップルでお散歩するのはもってこいのコースです。

晴れの日の飛行機が飛び立つ姿というのも美しいのですが、雨の日だって十分に楽しめるんですよね。

雨の中の飛行機離着陸というのは、水しぶきがあがって迫力満点なんですよ。わざわざ雨の日に訪れて水しぶきを楽しむというファンもいるそうです。

「丘の上駐車場」は、車に乗ったまま滑走路が見渡せる絶好のスポットなので、雨の日でも十分に楽しめるんですね。

公園内の施設に関してですが、「テイクアウトカフェ」と「売店」が中央エントランス内のスカイテラス2階にあります。

それに伊丹スカイパーク内は、大半が芝生広場になっているので、どこでもお弁当を広げて食べることができるんです。休日は家族連れで沢山の方がお弁当を広げていますよ。

伊丹スカイパークに関する基本情報

◆場所

伊丹市森本7丁目1-1

◆開園時間

7:00~21:00(4~10月の土日・祝日)
9:00~21:00(4~10月の平日・11~3月の全日)

※定休日はなし

◆料金

無料

◆交通アクセス

【車の場合】

阪神高速道路11号池田線「豊中北」出口から西へ約10分

【公共交通機関の場合】

阪急伊丹駅から市バス6番乗り場 『神津経由大阪国際空港行き』 又は『岩屋循環』に乗車。「伊丹スカイパーク上須古」下車すぐ。
JR伊丹駅から市バス6番乗り場 『岩屋循環』に乗車。「伊丹スカイパーク上須古」下車すぐ。
大阪国際空港から9番乗り場 伊丹市営バス『神津・阪急伊丹経由JR伊丹行き』に乗車。「伊丹スカイパーク上須古」下車すぐ。

荒牧バラ公園

また伊丹市の穴場スポットを紹介したいと思います。

とはいえ、もう穴場スポットとは言えなくなってきたのかなぁ、、それくらい最近急激に人気化してきているスポットなんです。

それは、「荒牧バラ公園」。

え??知らないですか(笑)

でも、兵庫県内からだけではなく、大阪からわざわざ荒牧バラ公園まで来る人が増えているようなんですよ。

荒牧バラ公園というのは、敷地はそこまで広くないんですが、この公園一帯に、美しいバラが咲き乱れるんです。

物凄い数のバラが咲き乱れる風景は幻想的とも言えるほど美しいんですが、バラが美しいだけじゃなく、南欧風に統一している公園内一帯が物凄く良い雰囲気なんですよね。本当に南欧に旅行したような気分にも浸れると思います。日々の生活に疲れた時の現実逃避にも最適な公園ですね(笑)

公園内には、250種類とも言われている様々な種類の世界中のバラが集めらているんです。その数、何と一万本!!

一万本もバラが一か所に集められているような公園って荒牧バラ公園以外にあるんでしょうか?

少なくとも関西圏にはないと思うんですよ。だから大阪など他府県からも多くの人が訪れるんだと思います。

なぜ、伊丹市にこんなにも大きなバラ園があるのかといえば、それは伊丹市生まれで今や世界的にも有名になっている種類のバラがあるからだと思うんです。

それが「天津乙女(あまつおとめ)」と「マダム・ヴィオレ」という品種ですね。本当に美しいバラですよ。

バラの開花時期は、「5月中旬~6月中旬」と「10月中旬~11月中旬」です。

特に5月中旬~6月中旬が一番美しくて、まさにこの時期はバラが公園所せましと咲き乱れている感じですよ。

この時期に公園を訪れた多くの人がリピーターになるとも言われているほどの、幻想的で美しい光景を目にする事ができると思いますよ。

是非とも、その一番美しい時期に訪れて欲しいものです!

荒牧バラ公園ができたのは平成4年で、それまでは畑などが広がっているような、まだまだ未開発なのどかな風景が広がっていたようです。

5月・6月の一番の見ごろ時期になると、観光バスまでが乗りつけられるほどの、観光名所とも言えるほどの場所になってきているようですね。

荒牧バラ公園に関する基本情報

◆場所

伊丹市荒牧6丁目5

◆開園時間

9:00~17:00

※休園日は季節によって異なりますが、基本的に繁忙期は無休、それ以外は火曜日が休園です。

◆料金

無料 (駐車場は有料です)

◆交通アクセス

・電車の場合
 ⇒ JR宝塚線「中山寺駅」から徒歩20分程度
 ⇒ 阪急伊丹線「山本駅」から徒歩20分程度

・車の場合
 ⇒ 宝塚インターチェンジから東へ5分程度